湯ノ湖・戦場ガ原周辺,小田代ガ原周辺,中禅寺湖周辺の観光案内

周辺観光-AREA GUIDE-

中禅寺湖周辺(AREA C)

華厳の滝
  • 華厳の滝
  • 滝壺までの高低差が97メートルで、流水が轟々と落ちる瀑水の様は、自然が作り出した激しい怒りのような感覚を覚え、畏敬の念を禁じ得ません。
    華厳の滝は、茨城県袋田ノ滝・和歌山県那智の滝と並び称される日本三大名瀑の一つで、毎年多くの観光客が訪れている名勝です。
    春の訪れとともにツツジの花が咲き誇り、イワツバメが滝の周辺を飛び回る姿を見られますが、厳冬には十二の小滝が凍り、華厳の滝は自然が造る氷彫刻の世界に変わります。日光を訪れた際は見逃すことのできないスポットです。

日光二荒山神社中宮祠
  • 日光二荒山神社中宮祠
  • 男体山の麓に位置し、山岳崇拝の道場として栄えた神社です。
    何度も失敗を重ねた末、784年、沙門勝道(しゃもんしょうどう)が山頂に成功したあと社殿建立が始まり、ここに二荒権現(ふたらごんげん)を祀りました。祭神は二荒山神社と同じ、大己貴命(おおなむちのみこと)・田心姫命(たごりひめのみこと)・味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)の3神です。
    多くの重要文化財指定の主要建造物が有り本殿・透塀・唐門・拝殿・浜鳥居などが有名だが、このほかにも数多くの建造物が有り、造形の美を是非見ていただきたい。

立木観音
  • 立木観音
  • 重要文化財に指定されている「十一面観音菩薩」が奉られていてるのが日光山中禅寺本堂です。
    観音像の胴体部分は根を切断しないままの状態で彫られたことから「立木観音」と呼ばれています。
    寄木造の技法を用いてカツラの木で左右の手が作られています。観音像の左右を脇侍の四天王が従い、6メートルの高さを誇る迫力ある観音像であり、延暦初期の作品であるがその技術力の卓越さを間近でじっくりと観賞してください。

イタリア大使館別荘記念公園
  • イタリア大使館別荘記念公園
  • 平成9年まで使用していた元イタリア大使館の別荘。
    中禅寺湖の南岸にあるその建物を栃木県が譲り受け、改修を行い一般公開しています。別荘の周辺は豊かな自然に恵まれおり、建物と自然が調和して静かに佇む中、せせらぎが流れるような静かな時を過ごせます。
    秋には、記念公園内のナナカマドの葉やモミジの葉が錦を織りなし、中禅寺湖をキャンパスにして、美しい紅葉の絵を描きだしてくれます。大使が使ったであろう椅子にも座ることができ、目の前に広がる中禅寺湖の景色を大使になった気分で眺めてはいかがでしょう。

日光には東照宮や二荒山神社、輪王寺だけではなく中禅寺湖や華厳の滝など奥日光にも素晴らしい観光地域がございます